【プロの道具②】スタイリスト・遠藤雅美さん愛用、衣類のシワ取りグッズほか

プロが愛用するグッズを紹介する連載企画。2回目はファッション誌や広告などで活躍している遠藤雅美さんが撮影現場でフル活用している洋服のシワ取り用グッズ、スタイリスト仲間も絶賛のシミ取りペンなど、計4品を紹介してくれました。

メインビジュアル:【プロの道具②】スタイリスト・遠藤雅美さん愛用、衣類のシワ取りグッズほか

プロの道具①ツインバードの「ハンディアイロン&スチーマー」

プロの道具①ツインバードの「ハンディアイロン&スチーマー」
1987年発売のロングセラー商品です。軽量ですが、水もたっぷり入りスチームの量も十分。


スタイリング前の洋服のシワとりに活躍してくれるスチームアイロン。軽量で持ちやすくスチームもたっぷり出るので、短時間でシワが取れます。縦にしたり斜めに傾けたりと、アイロンをかける角度が変わっても安定してスチームが出るのでハンガーやラックにかけたままでも使えます。

アイロン面はセラミック加工されているので、しっかりプレスしたい時にはアイロン台を使ってかけています。撮影時には1日何時間も稼働させることもあるので、手頃な価格で耐久性があることも重要。その点でもこの商品は優れていて、コスパもいいと思います。
 

 

 

プロの道具②「アイロンミトン」

プロの道具②「アイロンミトン」
手にはめて使う簡易アイロン台。


スチームアイロンとセットで、必ず撮影に持って行くアイテム。当て布や簡易的なアイロン台と同様の役割をしてくれるので、シャツやパンツ、コットン系の衣類など、強めにプレスとスチームしたい時に使っています。

朝のお出かけ前など「洋服のシワをなんとかしたいけど、アイロン台を出すのが面倒」という時にも便利だと思います。
 

襟まわりなど細かい部分のしわ伸ばしにも便利。
襟まわりなど細かい部分のしわ伸ばしにも便利。

 

 

プロの道具③エポックケミカルの「shimitoriペン」

プロの道具③エポックケミカルの「shimitoriペン」
メイクポーチに入れてもかさばらないミニサイズ。


使いやすく携帯に便利なペンタイプ。油汚れや食べこぼしなど、本当に良く落ちます。カートリッジも販売しているので繰り返し使えて経済的。

スタイリスト仲間にプレゼントしたら評判がよく、リピートしていました。汚れは“付いたらすぐに落とす”が基本なので、ポーチやポケットに入れて持ち歩けるサイズ感は使いやすいと思います。

 

カートリッジ付きでも1,000円程度と値段も手ごろ。
カートリッジ付きでも1,000円程度と値段も手ごろ。


プロの道具④ユニクロの「エアリズムキャミソール(ベージュ)」

プロの道具④ユニクロの「エアリズムキャミソール(ベージュ)」
繰り返し洗濯してもほつれにくいのも魅力。


薄いカラーの洋服には欠かせないベージュのインナー。スタイリストの間でテッパンなのが、ユニクロのエアリズムです。

購入しやすいのもありますが、絶妙な色合いやさらっとして着心地がいいのも、人気の理由だと思います。薄手ですが一枚着ていると下着もひびきにくいのでおすすめです。私自身も白Tシャツを着る時には絶対着用しています。
 

下着が透けやすい白のトップスでも安心。
下着が透けやすい白のトップスでも安心。


●この方にお聞きました
スタイリスト 遠藤雅美さん
広告、流通を中心にファッションだけではなく、雑貨、インテリアの撮影など 幅広く活動中。ライフスタイル提案も合わせたスタイリングが得意。


※この記事は2020年5月12日時点の情報です。

  • 1現在のページ