南町田スヌーピーミュージアム体験レポート! 人気限定グッズと見どころをまとめてご紹介

南町田グランベリーパークについにグランドオープンの『スヌーピーミュージアム』。ここでしか手に入らない限定グッズや、ここでしか出会えない超巨大スヌーピーなど、魅力が盛りだくさんのスヌーピーミュージアムをお届けします!

メインビジュアル:南町田スヌーピーミュージアム体験レポート! 人気限定グッズと見どころをまとめてご紹介

スヌーピーミュージアムが進化して南町田にオープン!

2018年9月に閉館した東京・六本木のスヌーピーミュージアムが約2倍の規模になり、2019年12月14日(土)ついに南町田グランベリーパークに移転オープンしました。

当初は移転の予定がなかったスヌーピーミュージアムですが、六本木ミュージアムの根強いピーナッツファンの「またスヌーピーたちに会いたい」という声がきっかけで今回のグランドオープンに繋がったそう。

今回のリニューアルで、スヌーピーミュージアムは一体どのようにパワーアップしているのか、いち早く体験してきました。

12日に行われたプレス向け合同インタビューの様子
12日に行われたプレス向け合同インタビューの様子 (左から)ペイジ・ブラドックさん、ジーン・シュルツさん、スヌーピー、カレン・ジョンソンさん、中山三善館長

ピーナッツの魅力がギュッと凝縮! ルート順に見どころ紹介

南町田スヌーピーミュージアムは、3階→2階→1階と上の階から順に展示を見ていきます。その中でも特に注目したい見どころと、各ポイントにあるフォトスポットを写真でじっくりご紹介していきます!

① 常設展示「スヌーピーとピーナッツ・ギャング」

オープニングシアター

オープニングシアター

来場してはじめに通されるのが3階の常設展示コーナー。最初の部屋は、大きな4面スクリーンを使ってスヌーピーたちのプロジェクションマッピングが流れます。
 

スヌーピーミュージアムへようこそ!
オープニングシアターで来館者をお出迎え

✔Checkポイント
ワクワク感をより盛り上げるオリジナルアニメーション
約2分半の完全オリジナルアニメーションでは、愉快な音楽とともにスヌーピーやピーナッツ・ギャングたちが四方八方を飛び回り、一瞬でピーナッツの世界観に入り込めるような心をわくわくさせる仕掛けに!
 

チャールズ・シュルツ・ギャラリー

チャールズ・シュルツ・ギャラリー 

作者チャールズ・シュルツ氏の創作の歴史を、写真や画像で振り返る展示コーナー。シュルツ氏の年表や家族写真、当時の作画映像を鑑賞することができます。

写真中央の映像が投写されている斜めの白いテーブルは、生前シュルツ氏が使用していたライティングテーブルを模したデザインなのだとか。
 

ピーナッツ・ギャング・ギャラリー

チャーリー・ブラウンの紹介エリア
平日版コミックの複製原画

ピーナッツ・ギャングの主要な12のキャラクターを深く知ることができるギャラリーブース。複製原画はキャラクターごとに4~5点配置されていて、間近で当時の絵を眺めることができます。

このブース内にはアクリルボックスに収められたグッズが20点ほどあり、こちらは日本のコレクターの方からお借りした貴重なヴィンテージグッズなのだそう。

日曜版のドットプリントを完全再現

✔Checkポイント
日曜版のドットプリントを完全再現
当時掲載されていた日曜版新聞の版ずれや網点で生まれる独特のニュアンスを見事に再現。このスペースの壁面に印刷されたカラーコミックは、すべて4色のドットプリントのみで再現されていました。
 

スヌーピーの名シーン
白い壁にコミックの一部を映し出す展示の仕方も。作中の数々の名シーンが印象的に映し出される


スヌーピー・テラス

スヌーピー・テラス
南町田を一望できるテラス。壁面には写真映えする(?)大量のスヌーピーたちが。

② 巨大なスヌーピーとご対面! ミュージアムの新名所「スヌーピー・ルーム」

3階ではチャールズ・シュルツ氏の歴史やピーナッツのキャラクターたちのことを絵や写真で学ぶ空間でしたが、2階からはインスタレーション作品が加わることで、これまでのスヌーピーミュージアムとはまた違ったダイナミックな空間に。

全長8メートルの巨大スヌーピー

✔Checkポイント
ド迫力の全長8メートルの巨大スヌーピー!
2階の部屋に入ってすぐ目に飛び込んでくるのが全長8メートルの巨大なスリーピング・スヌーピーです。

クリエイティブ・ディレクターの草刈大介さんいわく「あまり馴染みのない“ただ寝ているだけのただの犬”なスヌーピーを、今までにない巨大なスヌーピーにすることで、新しいスヌーピーを体験して楽しく学んでもらえるんじゃないかと思い制作しました。たとえばスヌーピーの裏側、おしりや背中ってどうなっているのかな、とか観る人によって色んな発見があると思います」とのこと。
 

テディベアのふりをしたスヌーピー
おなかで滑ってスケートをするスヌーピー

巨大スヌーピーの他にも、テディベアのふりをしたスヌーピーやスケートをしているスヌーピーなど、普段であれば目に留まらないような、何気ないけどくすっと笑えるユニークなポーズのスヌーピーがずらりと並んで立体化されていました。

③ 企画展「ビーグル・スカウトがやってきた!」

企画展「ビーグル・スカウトがやってきた!」

こちらは六本木から継続となる企画展のコーナー。作品数は40点と六本木で開催されていた時の約半分の規模ですが、小スペースだからこそできるメリハリのきいた展示方法とシャープな空間づくりにこだわっているそう。

第1回目のテーマは、野山を駆け巡るビーグル・スカウトたちに焦点を当てた展示で、2020年6月28日(日)まで開催中。こちらのブースは、半年ごとに展示替えを行うそうです。

④ ふわふわ空間に癒やされる「ウッドストック・ルーム」

ウッドストック・ルーム全体

こちらはスヌーピーと仲良しのウッドストックをイメージした黄色の空間です。

六本木の時との大きな違いは、ゆとりあるのびのびとした空間だと話すディレクター草刈さん。場所や時間にとらわれず、じっくりとピーナッツの世界に浸れるような空間になるよう意識したそうです。

8パターンあるアニメーション
スヌーピーの絵本や漫画がたくさん置いてあります

✔Checkポイント
ほのぼのアニメーションと心地よい空間づくり
8パターンのおだやかで癒やされるアニメーションを、まるでウッドストックに包まれているような黄色いふわふわの空間で時間を気にせずゆったりと楽しめます。

他にもふわふわの柱に抱きついて撮影してみたり、スヌーピーの漫画を好きなだけ読んだり、ただただボーッとしてみたり。癒やしの空間を自分なりに楽しんでみてください。

⑤ ここでしか買えないグッズ多数! ミュージアムショップ「ブラウンズストア」

ブラウンズストア入口

3階と2階の展示を見たあとは、1階のミュージアムショップ「ブラウンズストア(BROWN’S STORE)」でお買い物はいかがでしょうか?

✔Checkポイント 
世界でここにしかない限定グッズは要チェック!
オープン記念のぬいぐるみやピーナッツ70周年記念の限定グッズなど、ここでしか買えない人気限定グッズを一挙ご紹介します。
 

オープン記念ぬいぐるみ
オープン記念ぬいぐるみ スヌーピー(5000円)、ウッドストック(4000円)

スヌーピーファンならこの機会に手に入れておきたい! 愛らしさ満点、オープン記念限定の赤いパーカーを着たスペシャルなぬいぐるみです。パーカーは着脱可能な仕様になっています。
 

ぬいぐるみバッジ
ぬいぐるみバッジ(900円)

南町田スヌーピーミュージアムのロゴと同じポーズのスヌーピーのバッジです。 ふわふわで小さめサイズのスヌーピーがとってもキュート!
 

スヌーピートミカ
トミカ(800円)

緑豊かな南町田をイメージしたグリーンの窓が特徴のオリジナルトミカ。(お一人様10個限定)
 

ウォータードーム
ウォータードーム PEANUTS 70th Anniversary(3000円)

2020年10月2日のピーナッツ70周年を記念した初期スヌーピーのウォータードームです。
 

フェールラーベン Kanken mini
フェールラーベン Kanken mini(14000円)

バッグブランド「フェールラーベン」とのコラボレーション商品。サイドのポケット部分には、スヌーピーの刺繍入り。
 

ダイカットクッキー缶
ダイカットクッキー缶(1200円)
スヌーピー人形焼
スヌーピーのおまんじゅう(1200円)


ブラウンズストアの限定商品はどれも即買いしたくなる魅力的なアイテムばかり。

今後は南町田の環境にあわせたアウトドアアイテムにも力を入れていく予定とのこと。これからのグッズ展開も楽しみです。

⑥ ワークショップルーム

1階受付の手前には、世界にひとつだけのオリジナルグッズを作ることができるワークショップルームがあります。  
スヌーピーのキャンドル作りは所要時間90分で参加費が3500円(税込)、スヌーピーの白いボディに、ワックスシートを貼り付けてデコレーションしていきます。

1月以降のワークショップでは、ビーグル・スカウトの練り切りやスヌーピーのぬいぐるみ作り、クッキーの上で眠るスヌーピーのキャンドル作りなどを開催予定です。

クッキーの上で眠るスヌーピー
スヌーピーとチョコチップクッキーのキャンドル

ピーナッツ愛が深まる街で休日を過ごしませんか?

スヌーピースタチュー
南町田グランベリーパーク内の7ヶ所に設置されているスヌーピースタチュー。散歩しながら探してみると楽しいかも

南町田に移転オープンしたことで、展示もグッズもより進化したスヌーピーミュージアム。

さらにスヌーピーミュージアムの周りには、広いショッピングモールや自然あふれる公園、スヌーピーとコラボしたアイスアリーナなどさまざまな施設で充実しており、丸1日いても飽きずに満足できるスポットです。

休日や年末年始の休暇に、訪れてみてはいかがでしょうか?

〈スヌーピーミュージアム概要〉
開館時間:10:00~20:00(入館は19:30まで)
休館日:会期中無休(12月31日は短縮営業、1月1日は休館)
所在地:東京都町田市鶴間3-1-1
電話番号:042-812-2723
アクセス:東急田園都市線・南町田グランベリーパーク駅より徒歩4分

[入館料]
一般・大学生:1,800円(前売券)/2,000円(当日券)
中学・高校生:800円(前売券)/1,000円(当日券)
4歳~小学生:400円(前売券)/600円(当日券)
※4歳未満は入場無料となります。

スヌーピーミュージアム公式サイト→https://snoopymuseum.tokyo
前売チケット販売サイト〈イープラス〉→https://eplus.jp/snoopy/
ワークショップの詳細と予約はこちらから

© Peanuts Worldwide LLC
※記載のグッズ情報はすべて税抜価格です。
※記事の情報は2019年12月25日時点のものです。