老後不安を解消! プロがすすめる年代別、賢くお金を増やす方法

「年金だけでは老後の生活設計は難しい」という現実。老後の不安を解消するためには、どんな準備が必要なのでしょう? そこで、老後資金を準備するのに有効な「世代別おすすめの資産運用」をご紹介します。

メインビジュアル:老後不安を解消! プロがすすめる年代別、賢くお金を増やす方法

積極的に「投資」をしないと「老後不安」は解消できない?

資産運用とは、自分の資産を増やす目的で、貯蓄したり、投資したりすることを言います。平成の始めの頃は、銀行や郵便局に定期預金として預けているだけで、利率が5%もつきました。10万円預けていたら、10年で15万円になる計算です。現在の利率は0.020%(定期預金)です。10年預けて200円(税引き後159円)です。定期預金では今の時代、増やす意味での資産運用はできません。

そこで、資産運用として投資をするわけですが、実際のところ投資には消極的な人が多いようです。日本証券業協会が行った金融商品別保有率調査では、金融資産の保有種類は「預貯金」92.8%、「株式」12.6%、「投資信託」9.2%という結果となっています。

金融商品別保有率調査
出典:平成30年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)|日本証券業協会


投資は「難しい」「リスクがある」というイメージから、なかなか手を出しにくいのかもしれません。しかし、これからは、投資をしないことがリスクとなる時代です。公的年金だけでは不十分であり、個人の力で資産形成をしていかないとゆとりある老後は送れないと感じる人が大多数でしょう。
 

20代の資産運用は、少額投資でコツコツ増やす

20代の人は、退職まで40年近い期間があります。これは投資を行う上では非常に大きな武器です。リスクを抑えながら、確実に資産を増やしていくためには「長期」「分散」「積立」という投資の基本を押さえる必要があります。その中の「長期」投資は20代が一番有利です。期間が長ければ長いほど、複利効果も大きくなります。

ただし、20代は年収がまだ低いこともあって、多くの資金を投資に回すことはできません。投資の経験も浅いでしょうから、高いリターンを狙う投資はおすすめできません。そのため少額から始める積立投資が適していると言えるでしょう。

おさえておきたい3つの投資スタイル

長期投資…購入した後、10年、20年などの長い間持ち続けること。
積立投資…月々1万円投資するなど、コツコツと継続的に投資すること。
分散投資…日本の株だけでなく、アメリカの不動産やインドの債券など、さまざまな国や資産に投資すること。
 

★20代におすすめの資産運用

「財形貯蓄」
会社に財形貯蓄制度があれば、利用を検討してみましょう。「一般財形貯蓄」「財形住宅貯蓄」「財形年金貯蓄」の3種類があり、給与から毎月天引きされるため、自動的に貯蓄ができます。メリットとしては、住宅を購入する際に、低金利で融資を受けられることと、税制面での優遇(一般財形貯蓄にはない)があることです。大きく増やすことはできませんが、確実に貯蓄ができるので、資産運用のスタートとしておすすめします。

「iDeCo」
iDeCo(個人型確定拠出年金)は、公的年金の不足を補う目的でできた私的年金制度です。3つの税制メリットがあり、なかでも掛金の全額所得控除は、早いうちから始めることで長い期間、税金の軽減を受けることができます。注意点としては、60歳まで解約できないため、無理のない範囲で続けていくことが重要です。

「つみたてNISA」
つみたてNISAは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。毎年40万円(上限額)を最長20年間、非課税で運用できます。投資商品は手数料が低く、長期の積み立て、分散投資に適した一定の投資信託に限定されているため、投資初心者でも悩まずに、リスクを抑えた運用ができる仕組みとなっています。

20代は自己資金もまだ少ないため、金融における投資を積極的に行うよりも、自己投資に精を出した方が、将来的な資産が増える可能性は高いと言われます。一方で、早いうちから「投資」を経験しておくこともプラスに働きます。以上のことから、リスクの低い投資を無理のない金額から始めて経験を積んでいくとよいでしょう。