副業でなく複業!「パラレルキャリア」のはじめ方

大手を中心とした「副業」解禁後、注目され始めた「パラレルキャリア」という働き方。どんな働き方で、何から始めたらよいのか? パラレルワーカーを実践されている三原菜央さんにお話を聞きました。

メインビジュアル:副業でなく複業!「パラレルキャリア」のはじめ方

この方にお聞きしました

三原菜央さん

大学卒業後、専門学校・大学の教員として8年間勤務した後、不動産の広報PRを経て、Webのプロモーション会社に転職。営業、オウンドメディアの編集長を経て、大手事業会社の社外広報に。プライベートでは、2016年9月より先生と社会をつなぐ『先生の学校』という団体を主宰し、フィンランドの教育視察ツアーも不定期で開催している。

三原菜央さん

「パラレルキャリア」は代わりの利かない人材になるための働き方

「パラレルキャリア」は、本業を持ちながら別の仕事をしたり非営利団体に参加することで、「複業」「副業2.0」とも呼ばれています。「パラレルキャリア」が注目される背景には、大手企業を中心とした「副業解禁」があります。

「副業が解禁されたことで喜んでいる女性もいますが、その一方で不安に感じている人がいるのも事実です」と三原さんは言います。自分の仕事がAIにとって代わる、子供ができたら仕事を続けられないかも、この仕事を定年まで続けられる保障がない。不安要素は人それぞれですが、「副業の解禁」=「失職した場合の収入源を今のうちに確保しておいてね」と会社からクギを刺されたような気分になった人もいるのではないでしょうか? そんななか、新しい働き方として注目されているのが「パラレルキャリア」なのです。

まず知っておきたいのは「副業」と「パラレルキャリア(以下、複業)」では、働く目的が大きく違うということ。「副業」は「本業」を持ちながらお小遣いといった収入源を得ることを目的とした働き方です。一方、「複業」は本業を複数もつこと。AI、年齢、性別に関係なく「代わりのきかない人材になるための働き方」です。

「先生の学校」の講義風景
三原さんは先生と社会をつなぐ『先生の学校』という団体を主宰し、講義も行っています