今大注目の「プラントベースミート」試食会レポート!

牛、豚、鶏、羊に続く新たなお肉とは? オランダ発「ベジタリアンブッチャー」社の新商品をいち早く試食してきました!

メインビジュアル:今大注目の「プラントベースミート」試食会レポート!

「プラントベースミート」という耳慣れない食材の新商品先行試食会があると聞きつけて、会場である池袋の焼き肉店「Butamajin」に向かった唐揚げ好き編集部員。そこで待っていたのは、「肉」に対する新しい見方と、これからの「食べる」を考えさせられる、驚きの出会いでした。
 

「プラントベースミート」とは?

ところで、「プラントベースミート」という言葉、聞いたことはありますか? プラント(植物)由来の肉という意味で、牛、豚、鶏、羊などのお肉に続く、新たな肉のカテゴリとして今注目の食材なんだそうです。主な原料は大豆などに含まれる植物性たんぱく質。健康志向の高まりやインバウンド需要、環境問題などを背景に、日本でもここ数年でぐんと注目が集まっています。
 

オランダ発「ベジタリアンブッチャー」社の新商品を先行試食

今回のイベントは、自身もベジタリアンである野菜料理家・庄司いずみさんが主宰する「ベジタリアン・キュイジーヌ・サロン」が企画したもの。試食会ではヨーロッパで広いシェアを誇るオランダのプラントベースミート会社「ベジタリアンブッチャー」社の日本初上陸商品を発売前に食べられるとあって、会場にはベジタリアン料理に興味のある方や食の仕事に携わっている方など様々な顔ぶれが集まっていました。

試食しながらのトークセッションでは「ベジタリアンブッチャージャパン」代表取締役の村谷幸彦さんも登壇。
試食しながらのトークセッションでは「ベジタリアンブッチャージャパン」代表取締役の村谷幸彦さんも登壇
庄司さんと村谷さんのトークに興味深々で耳を傾ける参加者たち。
庄司さんと村谷さんのトークに興味深々で耳を傾ける参加者たち