「ポイント投資」はビギナーにおすすめの資産運用です

ショッピングやレストランでの食事などで貯めたり使ったり、お金感覚で賢く利用できるカードのポイント。そのポイントで投資ができる「ポイント投資」が注目されています。

メインビジュアル:「ポイント投資」はビギナーにおすすめの資産運用です

「ポイント投資」って何?

簡単にいうと、買い物を通じて獲得したポイントを貯めたポイントを資産運用していく方法を「ポイント投資」といいます。ポイント制度の発展とともに、ポイントの使い道も増えていることをご存じの人も多いでしょう。商品やサービスに交換したり、電子マネーとして買い物したり、現金化して預金口座に振り込んでもらったり。寄付もできますね。つまり、お金と同じような使い方ができるようになっているのです。

「ポイント投資」は、ポイントを使うサービスのひとつです。自分のお金で株や投資信託を買って運用するように、ポイントを投資信託などに交換して運用していく方法です。

ひとくちに「運用する方法」といっても、「ポイント投資」には大きく分けて2種類のサービスがあります。

1.ポイント増減型
ポイント自体を運用し、成果によってポイントが増減するもの(証券口座必要なし)

2.現金購入型
ポイントを現金に買えてから、投資信託などの金融商品を購入するもの(証券口座必要)

この2つの大きな違いは、実際の金融商品をポイントで購入できるかどうかというところにあります。

 

投資のしくみを試したいなら「ポイント増減型」を

「ポイント増減型」の場合、運用益が出れば「ポイント」として還元されます。自分の手元にあるポイントが増えていく仕組みで、あくまで運用したポイントはポイントとして利用するという特徴があります。

このタイプでは、一般的に「積極的な投資」「堅実な投資」「バランス型」など複数の運用コースが用意されており、その中から自分の運用方針に近いものを選択できます。ポイント自体の運用とはいえ、実際にある投資信託や株式に投資したものとして運用するため、投信価格や株価の動きなどに連動してポイントが増減します。証券口座は必要ないので、投資に二の足を踏んでいた人にとってもお試しがしやすいでしょう。

 

実際にお金を増やしたいなら「現金購入型」を

「現金購入型」は、自分が持っているポイントで証券会社が取扱っている投資信託などを実際に購入するものです。証券会社と取引することになるため証券口座を作ることが必要です。投資信託などの金融商品と交換した分、手持ちのポイントは減りますが、運用の成果が出れば自分の証券口座の資産(お金)が増えていきます。