即効性で人気! 「塩抜きダイエット」メソッドとレシピ〈基本理論編〉

塩分を控えた調理で、1日1㎏、2日で2㎏も夢じゃない! たっぷり食べてOK、しかも美味しい。そんな「塩抜きダイエット」の魅力とレシピを、野菜料理家の庄司いずみさんが紹介していきます。

メインビジュアル:即効性で人気! 「塩抜きダイエット」メソッドとレシピ〈基本理論編〉

こんにちは、野菜料理家の庄司いずみです。野菜料理家という肩書きは耳慣れないかもしれませんが、植物性100%のヴィーガン料理や野菜中心の家庭料理の専門家です。野菜だけのレシピを料理本や教室で紹介したり、プラントベースのメニュー開発などの仕事をしています。

野菜料理はそもそもダイエットによく、私が主宰するクッキング・スタジオの料理クラスには、美容や健康に関心の高い方も多くいらっしゃいます。なかでも「すぐに体を絞りたい!」「今すぐ体重を落としたい!」という方に特に人気のメソッドがあります。
 

それが、この連載で紹介する「塩抜きダイエット」です。

人気の秘密は即効性。塩抜きを試したその日に1㎏減、2日続けたら2㎏減る人も少なくないのだから驚きます。

やり方はいたってシンプル。“塩抜き”という言葉通り、調理に塩を使わない。ルールはそれだけ、カンタンです。

塩抜きダイエットに使わない調味料

塩以外にも、みそ、しょうゆ、ケチャップ、マヨネーズ、豆板醤など、塩分を含む調味料も使いません。見落としがちですが、めんつゆやスープのもとなども。また、調理の素材にも、塩昆布、ベーコン、さつまあげなど、塩分たっぷりの素材も控えます。

が、それさえ守ればあとは自由!

量もたっぷり食べてもいいし、揚げもの、ごはんもの、好きな方なら甘いもの。ビールやお酒などもいつも通りでかまいません。お腹いっぱい食べられること、我慢がまったく必要ないことが、一番のメリットです。

ルールは1つと言いましたが、もう1つ注意してほしいのが、「長期にわたっては続けない」「無理はしない」こと。塩は体に必要なものだから、長く塩をとらない生活をすると問題が出てきます。めまい、ふらつき、血圧が下がりすぎてだるくなる、など。特に、汗をかくことで体内が水分・塩分不足になりがちな熱中症の時期は要注意です。

体質には個人差があるし、生活スタイルも人それぞれ。毎日たっぷり汗をかく人、座りっぱなしの人、高血圧の人、低血圧の人…などなど。塩抜きダイエットをするときは「マックスでも週2日」とし、必要なときは塩分を補ってください。