【ゆる弁当レシピ】忙しい朝にパパっとつくれる「エスニック丼弁当」 

時間がない朝でも具材をのせるだけでパパっとつくれる「丼弁当」。見た目も栄養バランスもよく作り置きできるのも魅力。肉や野菜をフライパンで炒めるだけ、炊飯器で炊きこむだけ、のお手軽レシピをご紹介します。

メインビジュアル:【ゆる弁当レシピ】忙しい朝にパパっとつくれる「エスニック丼弁当」 

ゆる弁当レシピ①|フライパンで炒めるだけ!厚揚げのカレーガパオ

ゆる弁レシピ①|フライパンで炒めるだけ!厚揚げのカレーガパオ
トッピングはゆで卵にして、よりヘルシーに。

ガパオといえば鶏や豚のひき肉を使うのが一般的ですが、今回は厚揚げと野菜で仕上げました。カレーの風味でごはんがすすむエスニック丼です。

材料

  • 厚揚げ 150g
  • にんにく(みじん切り) 1/2片
  • 玉ねぎ(1cm角) 1/4個
  • ピーマン(1cm角) 1個
  • 赤パプリカ(1cm角) 1/2個
  • 玉ねぎ(1cm角) 1/4個
  • サラダ油 小さじ2
  • バジルの葉 適量
  • 1個
  • ▼調味料  
  • ナンプラー 小さじ1
  • オイスターソース 小さじ1/2
  • 鶏がらスープの素 小さじ1/3
  • カレー粉 小さじ1/4

作り方

  • 厚揚げは油抜きをする。キッチンペーパーで包み、ラップをかけて、電子レンジ600wで2分加熱する。粗熱が取れたら、1.5cm角に切る。
  • 調味料を合わせておく。フライパンにサラダ油、にんにくを入れ、弱火で加熱する。香りが出てきたら、玉ねぎ、ピーマン、赤パプリカを加え、しんなりするまで炒める。更に①を加え、炒める。
  • ②に調味料を加え、手早く炒め合わせる。火を止めたら、バジルをちぎり入れ、合わせる。
  • ごはんの上に③を盛り付ける。最後にゆで卵のスライスをのせる。
厚揚げとたっぷり野菜でお肉なしでも満足できるボリューム。
厚揚げとたっぷり野菜でお肉なしでも満足できるボリューム。
フライパンで具材を炒めるだけ。前日の夜に作り置きしても○。
フライパンで具材を炒めるだけ。前日の夜に作り置きしても○。


〈ポイント〉
丼弁当はやや濃いめ目の味付けにして、水分を少めにするのがポイント。厚揚げは油抜きをすることで、水分が飛びすっきりとした味わいになります。カレー粉を加えることで風味が増し、ごはんがすすむガパオに。

水分が多いと、ごはんに染み出してしまうので要注意。
水分が多いと、ごはんに染み出してしまうので要注意。

ゆる弁当レシピ②|ごはんと炊くだけ!簡単カオマンガイ丼

ゆる弁レシピ②|ごはんと炊くだけ!簡単カオマンガイ丼
炊きこむことで鶏肉もパサつかずしっとり仕上がります。

炊飯器でお米と鶏肉、調味料を一緒に炊くだけのお手軽レシピ。鶏のうまみがごはんにしみ込み、手軽なのに深みのある本格的な味になります。

材料

  • 鶏もも肉 300g
  • 塩、こしょう 適量
  • 360cc(2合)
  • 320cc
  • ▼A  
  • しょうが(みじん切り) 1片
  • にんにく(みじん切り) 1片
  • 小さじ2
  • サラダ油 小さじ1
  • ネギ(青い部分) あれば
  • ▼トッピング用野菜  
  • ミニトマト 1個
  • きゅうり(千切り) 適量
  • グリーンリーフ 適量
  • パクチー(葉のみ) 適量
  • ▼タレ  
  • 味噌 小さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • ナンプラー 大さじ1
  • おろしにんにく 小さじ1/2
  • おろししょうが 小さじ1/2
  • レモン汁 小さじ1
  • 大さじ1
  • 赤唐辛子(輪切り) 少々
  • パクチー(茎のみをみじん切り) 少々

作り方

  • 鶏もも肉は、塩、こしょうをふっておく。炊飯器に米と水、Aを入れ、鶏もも肉、ネギをのせて、通常通り炊く。
  • タレの材料を合わせておく。①が炊き上がったら、鶏肉は食べやすい大きさに切り、トッピング用の野菜と一緒に盛り付ける。タレをかけて、完成。
鶏肉をカットしたときは、重ならいように並べます。
鶏肉をカットしたときは、重ならいように並べます。
サラダ油を加えてしっとりした炊きあがりに。
サラダ油を加えてしっとりした炊きあがりに。
タレに味噌を入れることでコクと風味が加わり、ぐっと食べやすくなります。
タレに味噌を入れることでコクと風味が加わり、ぐっと食べやすくなります。


※記事は2019年11月19日現在の情報です。