【ゆる弁当レシピ】夏はつるっと「麺」で。ピリ辛ジャージャー麺弁当

暑い日は、目先を変えて「麺弁当」はいかが? 今回は、肉みその使いまわしができる「ジャージャー麺弁当」のレシピです。肉みそをからめて食べることで麺がほぐれやすく、「麺が固まっちゃう!」という悩みも解消できます。

メインビジュアル:【ゆる弁当レシピ】夏はつるっと「麺」で。ピリ辛ジャージャー麺弁当

甘辛の肉みそで、夏バテしてても食がすすむ!

材料

  • 中華麺 1玉
  • ▼ジャージャー肉みそ  
  • 豚ひき肉 200g
  • たけのこ(粗みじん切り) 80g
  • 椎茸(粗みじん切り) 2枚
  • 白ネギ 1/2本
  • ニンニク(みじん切り 1片
  • しょうが(みじん切り) 1片
  • ごま油 小さじ2
  • 豆板醤 小さじ1
  • 甜面醤 大さじ2 1/2
  • ▼調味料  
  • 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ2
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 鶏がらスープの素 小さじ1/2
  • 100ml
  • 水溶き片栗粉 適量
  • ▼トッピング  
  • ゆで卵 1/2個
  • きゅうり(千切り) 適量
  • 糸唐辛子 適量

作り方

  • 白ネギの白い部分1/3位は、白髪ネギにし、残りはみじん切りにしておく。
  • フライパンにごま油、ニンニク、生姜を入れ、弱火で炒める。香りが出てきたら、豚ひき肉を入れ、色が変わるまでしっかり炒める。
  • さらに豆板醤、甜面醤を炒め合わせ、たけのこ、椎茸、白ネギのみじん切りを加えて炒め合わせ、調味料をすべて入れ、2~3分煮立てる。
  • 水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。
レシピ1
豆板醤と甜面醤は炒めて香りを出すのがポイント。
レシピ2
とろみをつけて仕上げます。

●麺弁当のポイント
・中華麺は、表示通り茹でたら、伸びないようにすぐに冷水でしめましょう。
・麺は固まらないように、ごま油を少し絡めておくと、時間がたっても美味しく、いただけます。
・お弁当箱に入れる時には食べやすいように小分けにして入れます。
・お弁当箱は深めのタイプが混ぜやすくてオススメです。

レシピ3
麺が固まらないようにごま油を絡めて。

簡単に3品できる、ジャージャー肉みそアレンジレシピ

肉みそは多めに作っておくと、いろいろな料理にアレンジできて便利。冷蔵庫で3~4日は保存できます。

<レシピ1>うどんのジャージャー和え麺

レシピ4
うどんは熱々の釜揚げでも、冷やしてもおいしい。

材料

  • ジャージャー肉みそ 適量
  • うどん 1玉
  • レタス(千切り) 適量
  • 温泉卵 1個

作り方

  • うどんは表示通りゆでる。
  • うどんにジャージャー味噌、レタス、温泉卵をのせる。


<レシピ2>ジャージャー肉みそ 焼きなす風

レシピ5
電子レンジを使って焼きなす風に。肉みそをたっぷり乗せて食べ応えも十分。

材料

  • なす 2本
  • ジャージャー肉みそ 適量

作り方

  • なすは横2等分に切り、皮面に切り込みを入れる。
  • 耐熱容器になすを入れ、ラップをふんわりとかけたら、600Wで4分加熱。そのまま粗熱をとる。
  • なすを食べやすい大きさに、手で割いたら、ジャージャー肉みそをのせる。


<レシピ3>ジャージャー肉みそのっけ冷奴

レシピ6
肉みそを乗せるだけで立派な一品に。

材料

  • 豆腐 一丁
  • ジャージャー肉みそ 適量
  • ラー油 少々
  • かいわれ大根 適量

作り方

  • 豆腐は食べやすい大きさに切り、皿に盛る。ジャージャー肉みそをのせ、ラー油、かいわれ大根を乗せる。


※記事の情報は2019年7月19日時点のものです。