【朝カレー】低カロリー、薬膳、マクロビ。カラダが喜ぶレトルトカレー

美や健康を意識したレトルトカレーも誕生し、朝のメニューとしてすっかり定着した「朝カレー」。時短メニューとしてだけでなく、1日の最初に食べる食事としてふさわしい、カラダが喜ぶレトルトカレーを紹介します。

メインビジュアル:【朝カレー】低カロリー、薬膳、マクロビ。カラダが喜ぶレトルトカレー

日本全国400種類のレトルトカレーからセレクト!

 「カレーは朝食べたら太る」という意見もありますが、最近では女性をターゲットにしたヘルシーなレトルトカレーが続々と登場しています。そこで今回は、店頭で常時400種類のレトルトカレーを展開する、東京・調布パルコ内の食料品専門店「北野エース」にうかがい、「朝カレー」におすすめのヘルシーでカラダが喜ぶレトルトカレーを選んでいただきました。
 

カレーなる本棚®
「北野エース」内にあるレトルトカレーコーナー「カレーなる本棚(R)」

野菜がゴロゴロ入ったカラダにやさしい「朝カレー」

食欲がない朝にさらっと食べられるスープカレーや、30種のスパイスが入った薬膳カレーなど、ヘルシー志向な方におすすめのレトルトカレーです。

●らっきょのチキンスープカレー 

チキンスープカレー
骨付きの鶏肉はスプーンでくずせるほどやわらか。※写真は盛り付け例です。


札幌のスープカレーの専門店「らっきょ」の味を再現。具は骨付きの鶏のもも肉がまるまる1本、小ぶりなじゃがいもがまるまる1個、カットされていない煮卵がまるまる1個、おおきくカットされたニンジン。味はとてもスパイシーで、口に含んでしばらくしてからその辛さがじわじわとくる感じ。スープがとってもおいしく、さらっと食べられます。

食べているうちにカラダが温まり、スパイスのおかげか食後は元気がでてきます。864円(税込み)という価格は「レトルトとしては高いのでは?」と思っていましたが、味のクオリティとそのボリューム(女性が食べる量としては2人前くらい)で、この価格に納得! 「北野エース」でリピーターの多い商品だそうです。

これまでカレー専門店でいろいろなスープカレーを食べてきましたが、レトルトとは思えないほど味のクオリティが高く、これまで食べたスープカレーの中でNO.1のおいしさでした。

【DATA】
辛さ:★★★
内容量:560g(具材460g、スープ100g)
カロリー:492kcal
レンジ調理:不可
販売元:タンゼンテクニカルプロダクト
価格:864円(税込み)


●国立薬膳カレー やさい 

国立薬膳カレー
大き目にカットされた野菜がゴロゴロ入っています。


東京・国立市のブランド食品として誕生した「国立薬膳カレー」。ラード、小麦粉、増粘剤、甘味料、化学調味料、着色料不使用。野菜がルーに溶け込むまでじっくり煮込み、カレーのとろみを出しています。30種類のスパイスとハーブが入ったヘルシーな薬膳カレーです。

「辛口」とありますが、食べてみると甘味が強く、家で作る母親のカレーのような懐かしさを感じる味です。刺激のある辛さではないため、お子さまでも食べられます。具材はごぼう、大豆、ほうれんそうなど食物繊維、たんぱく質、鉄分といった女性にうれしい栄養素を含んだ具材がゴロゴロと入っています。

【DATA】
辛さ:★☆☆
内容量:200g
カロリー:148kcal
レンジ調理:可
販売元:AKプラス
価格:486円(税込み)

夏バテ、目覚めの悪い朝におすすめの「朝カレー」

しびれる辛さが食欲をアップする最強スパイス「花椒(ホアジャオ)」を使ったカレーや、食べると元気になる「ビーフカレー」。猛暑で食欲のない日や、カラダの疲れがたまった週末の朝におすすめの「朝カレー」です。


●本格麻辣 花椒カリー 鮮烈なしびれ、香る青花椒

花椒カレー
小袋に入った「花椒」の量で、辛さを調節できます。


老舗洋食レストラン新宿 中村屋のオリジナルスパイス「本場四川の青花椒」「青花椒油」をきかせた「香り」と「しびれ」が特徴の青花椒カレー。同封の小袋に入った「特製花椒(四川山椒)」をかけて食べます。カレーを口にしたとたん「ピリッ」としたしびれを感じ、じわじわと辛さが口に広がります。

とにかく「辛い!」 刺激の強い辛~いカレーが好きな人にはたまらないおいしさ。ただ辛いだけではなく、鶏ひき肉のコクとうまみで味もおいしく、スパイスの刺激で食後はなんだか元気が出てきます(あくまでも個人の見解ですが…)。食べているうちに、鼻の頭や額、襟元に汗がにじんできますので、メイクや着替えはカレーを食べた後にするのがおすすめです。

【DATA】
辛さ:★★★
内容量:150g
カロリー:235kcal
レンジ調理:可
販売元:新宿 中村屋
価格:303円(税込み)


●大人のためのビーフカレー

大人のためのビーフカレー
レトルトとは思えない本格的な味で人気が高い。

牛肉には「幸せホルモン」と呼ばれる成分「セロトニン」が含まれています。ビーフカレーを食べると元気になるのには、しっかりとした理由があるのです。

そこでおすすめなのが「大人のためのビーフカレー」です。このカレーは「北野エース」で一番売れているレトルトカレーで、399円(税込み)という低価格ながらその味は有名レストラン並みの本格さ! 牛のコク、野菜の甘味をしっかり感じられるこれぞ「THEビーフカレー」な味わいです。 私の母は「レトルトのビーフカレーは牛肉の独特の臭みが残っているから嫌い」と言って普段レトルトのカレーは食べたがらないのですが、このカレーには牛肉の臭みがなく「おいしい!」と言いながら食べていました。

【DATA】
辛さ:★☆☆
内容量:180g
カロリー:197kcal
レンジ調理:可
販売元:エース
価格:399円(税込み)

「きれいになるカレー」という新ジャンル登場?

カレーにも美と健康をテーマにしたレトルトカレーが登場しています。きれいになる素材がたっぷり入っている、美意識高い女性も満足するカレーをご紹介します。

●CHAYA(チャヤ) マクロビの3種のお豆がお口の中でホクホク豆カレー

豆カレー
3種の食感の違う豆がゴロゴロ入っていて食べ応えがあります。


このカレーのコンセプトは「Beauty&Healthy 食べてきれいになる、オーガニックな生き方」。化学調味料、保存料、合成着色料、香料が不使用。具は3種類の豆とニンジン、かぼちゃ、れんこんなどがたっぷり入っていて、美しいお肌づくりに重要な栄養素であるたんぱく質や食物繊維がとれるのもうれしいですね。

「ヘルシー」というと「あっさりした味付けで、物足りないかも?」と思うかもしれませんが、マーガリンやバターは使っていないのに、コクがあり辛みもしっかりあります。カレーだけで食べるとかなり辛いですが、かぼちゃにしっかりと甘みがあり、一緒に食べると辛さがマイルドになります。200gで満足できるボリュームですが、178kcalとカロリー低めなのも美意識高めの女性におすすめしたいポイントです。

【DATA】
辛さ:★★☆
内容量:200g
カロリー:178kcal
レンジ調理:可
販売元: CHAYAマクロビフーズ
価格:605円(税込み)


●ふらの産トマトのチキンカレー

ふらの産トマトのチキンカレー
トマトのフルーティな味わいで、食欲がない朝もサラっと食べられます。


具材は北海道産にこだわり、化学調味料無添加のカラダにやさしいカレー。自然な甘みたっぷりの富良野産のトマト、北海道産の鶏肉と玉ねぎをじっくり煮込んで作られています。トマトは寒暖差のある富良野盆地の農家が路地栽培した、リコピン豊富で真っ赤な品種「夏の旬」を使用。抗酸化作用があり血液サラサラにするリコピンをたっぷり含んだトマトでつくられたカレー、つまり「きれいになれるカレー」ってことですね。

トマトピューレで煮込んでいるため酸味が強いかと思いましたが、酸味よりも甘みの方が強く、トマトならではのフルーティさが感じられます。適度にスパイシーで、お子さまでも食べられる辛さです。

【DATA】
辛さ:★☆☆
内容量:180g
カロリー:186kcal
レンジ調理:可
販売元:タンゼンテクニカルプロダクト
価格:378円(税込み)


いかがでしたか? 「北野エース」さんに選んでいだいたレトルトカレーはどれもおいしく、レトルトカレーのポテンシャルの高さに改めて感動しました。スパイシーで刺激の強いカレーで疲れたカラダにパワーを注入するか、カラダに優しい素材がたっぷり入ったカレーで心とカラダを満たすか…。その日の体調や気分、食欲に合わせて今回ご紹介した「朝カレー」を色々試してくださいね。


▼おすすめの「朝カレー」を選んでいただいたお店はこちら

カレーなる本棚

北野エース 調布パルコ店
東京都調布市小島町1-38-1 調布パルコB1F
電話:042-490-2330
営業時間:10:00 ~ 21:00
https://www.ace-group.co.jp


※記事の情報は2019年8月9日時点のものです。