女性が職場に用意しておきたい「防災グッズ」

災害は、日夜を問わず起こります。だからこそ、職場で被災し帰宅できない場合の準備が必要! そこで、いざというときに職場にあると安心な「防災グッズ」について防災の専門家にうかがいました。

メインビジュアル:女性が職場に用意しておきたい「防災グッズ」

この方にお聞きしました

平井敬也さん

防災のセレクトショップ「セイショップ」総合プロデューサー、防災士。右は防災士の齋藤 奈緒美さん。

平井敬也さんと齋藤奈緒美さん

大規模災害が発生したら、会社が社員の帰宅を抑制する!?

大規模な地震が発生した時、職場から自宅に帰りたくても帰れないことになるかもしれないのをご存じですか? 内閣府が2015年に発表した「大規模地震の発生に伴う帰宅困難者ガイドライン」によると、大都市圏で大規模な地震が発生した場合、道路や交通機関の混雑による混乱を防ぐため、政府が企業や自治体に対し「一斉帰宅の抑制」を要請するとしています。東日本大震災の経験から、大都市圏でM7クラスの大地震が発生した場合、少なくとも3日間は鉄道・地下鉄の運行停止が見込まれており、政府は企業等に対し非常用として3日間の食料や飲料などの備蓄の必要性を呼びかけています。

ただし、これらは義務化されているわけではなく罰則もないため、対策をしていない企業があるのも事実です。職場で災害にあったとき、自分の身は自分で守るしかないのです。

 

「おいしくない非常食」はストレスの原因になる

セイショップ」の平井敬也さんに「被災時に最低限必要なものは?」とうかがうと、「食料、飲料、トイレ周りのグッズです」と答えてくれました。特に「食料」は体力の維持はもちろん、心を安定させるという意味でも非常に大切です。被災後はコンビニを頼り続けることもできません。平井さんが東日本大震災のとき、あるコンビニ店の在庫状況を見続けていたところ、陳列棚の食べ物や飲み物はわずか4~5時間でなくなったとか。

では、どんな「非常食」が良いのでしょうか? 近年、非常食は種類が豊富で何を選んだらよいかわからないという人もいると思います。そこで、防災の専門家である平井さんにおすすめの非常食について聞いてみました。
「人は食べたことのないものや普段なじみのない味や食感、おいしさをイメージできない食べ物に対してストレスを感じます。いざというときこそ、自分がおいしいと思えるものが必要です。理想は、普段の食卓で食べているものと遜色のない食事です」 


劣悪な状況では、食欲がなくなる。だからこそ、食べなれた味の非常食が良いという。「甘いものは息抜きになります。チョコレートやお菓子などでも良いので、普段食べなれているものを常備しておくと安心です」(平井さん) 東日本大震災では、のどごしがよく手軽に栄養補給ができることからゼリー飲料(ウィダーインゼリーなど)が重宝したそうです。いざという時のために、なじみのある味の非常食を職場の机の中に常備しておきましょう。


●平井さんおすすめの非常食「サバイバル®フーズ」
日常の食事と遜色のないおいしさを実現した非常食。きちんとしたレシピで一度調理した完成済みの料理をマイナス30度で凍結、そのまま乾燥加工してあります。色、味、香り、栄養バランスを閉じ込めて水分だけを最大98%取り除いてあるので、いつでも調理したてのおいしい味わいが楽しめます。25年もの超長期保存が可能で経済的! 4種類のメニューとクラッカーが用意されています。

サバイバル®フーズ

(写真上段 左から)
・野菜シチュー(小缶 2号缶) 2,800円(税抜)  84g、約2.5食
・洋風とり雑炊(小缶 2号缶) 3,000円(税抜)  100g、約2.5食
(写真下段 左から)
・クラッカー(小缶 2号缶) 2,400円(税抜)  227g(約17枚)、約2.5食間
・チキンシチュー(小缶 2号缶) 3,000円(税抜)  104g、約2.5食
・洋風えび雑炊(小缶 2号缶) 3,000円(税抜)  104g、約2.5食
 

【サバイバル®フーズ「洋風とり雑炊」を食べてみました】
水かお湯を入れ、中火で加熱し、5分蒸らすだけの簡単調理。マッシュルームのしっかりとした歯ごたえに大満足! だしの味が効いていて、水なしの乾燥状態のままでも十分おいしく食べられました。

サバイバルフーズ 洋風とり雑炊