「低気圧女子」が急増中! 悪天候と女性のカラダの関係

「くもりや雨の日って具合が悪くなりませんか?」と編集部のAちゃんがつぶやいた一言から、調査をスタート。調べてみると、天気が悪い日に女性がカラダの不調を訴える原因が「低気圧」にあることがわかりました。

メインビジュアル:「低気圧女子」が急増中! 悪天候と女性のカラダの関係

低気圧女子の不調の原因は「低気圧×自律神経の乱れ」

「薬を飲まないと我慢できないくらい頭が痛くなる」「だるくて仕事にならない」「昔、ねんざした足首が痛む」など、症状は違うものの、編集部の女性スタッフの間では「くもりや雨の日には体調が悪くなりがち」と意見が一致。そこで「くもり だるい」でネット検索をしてみたところ、天気が悪くなると体調が悪くなることを「気象病」といい、多くの女性がその症状に悩んでいることがわかりました。
 
「気象病で悩んでいるのは20代~40代の女性が多いんです」と語るのは気象予報士で健康気象アドバイザーの小越久美さんです。気象病の主な症状には頭痛、肩こり、首こり、関節痛、古傷の痛み、気分の落ち込みがあります。天気による不調の原因の多くは、低気圧と関係していることから、小越さんは気象病に悩む女性を「低気圧女子」と名付けました。

気象病はすべてのくもりの日や雨の日に発症するわけではなく、「低気圧」と「ある条件」が重なったときに発症します。その条件が「自律神経の乱れ」です。

自律神経は「体温調節」「呼吸」「血圧」「血流」「消化」「排泄」「免疫」「代謝」など生命維持に不可欠な機能を自動的にコントロールしています。天気に関係なく体内の環境を一定に保とうとしているのも自律神経。夏の暑さや冬の寒さに関係なく体温を一定に保ち、気圧の変化に合わせて内側からバランスを保とうとしています。自律神経には「交感神経」と「副交感神経」の2種類があり、下記のような特性があります。

●交感神経…起床後~日中、カラダを活動モードにする。晴れた日や、急に寒くなったとき、気圧が急変化したときに活発になる。
●副交感神経…夕方~夜、カラダがリラックスモードになり眠くなる。朝からくもりや雨の日や、気温が上昇した日に活発に働く。

天気や気温の変化があまりにも急激だと、自律神経による対応が追い付かず、交感神経と副交感神経のバランスが乱れて、様々な不調が出ます。気圧の急変や気温の低下で交感神経が活発になれば、血管が収縮し、緊張型頭痛や古傷の痛み、腰痛、関節痛といった「痛み系」の症状の要因に。くもりや雨の日、気温が上がった日は副交感神経が優位になって血管が拡張し、眠気やだるさ、片頭痛の要因になります。

また、天気だけではなく、空調も自律神経を乱す要因になります。夏にかけては外気温がグングン上昇。室温が20℃で外気温が40℃近くと、約20℃も温度差が生じる日もあり、これが自律神経を乱す原因にもなります。夏の室内ではカラダを冷やしすぎないようストールなどで体温調整をすることも大切です。

雨の日
雨の日が続くと便秘の原因に