「低気圧女子」が急増中! 悪天候と女性のカラダの関係

低気圧女子が、梅雨にツラくなる症状とその対処法

低気圧女子にとって、梅雨は体調を崩しやすい時期です。「低気圧」「日照不足」「寒暖差」は自律神経を乱し、様ざまな不調の原因となります。梅雨の期間に低気圧女子を悩ませる症状とその対処法を小越さんに教えていただきました。

・気分の落ち込み、眠気、だるさ

低気圧により副交感神経が活発になると、この症状が発症します。梅雨の長雨が続く朝はいつまでも寝ていたい気持ちになりますが、寝すぎると副交感神経の活動度が上がってしまい逆効果です。天気予報をチェックして、翌日が雨やくもりの日なら、夜は早めに就寝し、翌朝は30分早く目覚めましょう。朝食を作る、しっかりメイクをする、エスカレーターではなく階段を使うなど、朝の時間を活動的に過ごし、交感神経の活動度を上げるようにこころがけて下さい。また雨の日は赤やピンク、オレンジなど暖色系の洋服を着ると、元気になれます。
 

・片頭痛

血管が拡張することで起きる頭痛で、梅雨の晴れ間で暑くなった日や、低気圧が近づき気圧が下がって来たときが要注意です。入浴は控えてシャワーだけにして、体を温めすぎない(血管を拡張させない)ようにしましょう。パソコンやスマートフォンはオフにして、光や音の刺激を遠ざけることが大切です。
 

・古傷の痛み、関節痛、腰痛、肩こり

梅雨寒と低気圧が重なると、古傷の痛み、腰痛、関節痛、肩こりの原因に。とくに生理期間中は痛みに敏感になるため要注意です。雨にぬれたりエアコンでカラダが冷えるとさらに症状が悪化します。カラダが冷えたら使い捨てカイロなどで患部を温めましょう。
 

・便秘

排便を促す腸の蠕動(ぜんどう)運動は、副交感神経が主導権をにぎっていますが、梅雨寒による冷え、気圧の変化によるストレスで交感神経の活動度が上がってしまうと、蠕動運動が弱まり、便秘の要因になります。体を冷やし過ぎないこと、朝起きたらまずコップ一杯の水を飲み、腸を動かすことを心がけてください。