管理栄養士が、ふだんコンビニで選んでいる商品とは?

デザートやお菓子は200~300kcal以内で

プリンデザート

コンビニにはデザート・お菓子類も低価格で美味しいものがたくさんあって魅力的です。カロリーがきちんと表示されていますので、カロリーコントロールがしやすいです。

自分へのご褒美デーは、カロリーをあまり気にせず食べたいものを選びます。とはいってもカロリー表示をみて200~300kcalぐらいになるものを選ぶようにします。私は、シュークリーム、クッキー、アイスクリーム、チョコレートが多いでしょうか。また、箱もので、数個入っていたら職場の人や家族にも食べてもらうようにしてカロリー摂取を分散させるようにしています。

 

美味しすぎるお菓子はあえて選ばない

スナック菓子、おせんべい、ミックスナッツは食べると止まらなくなりがちなので徳用袋は買わずに小袋の食べ切りサイズにとどめています。おせんべいは、揚げたもの、塩せんべいはふだん買いません。美味しいため食べすぎて脂質、塩分のとりすぎが心配になるからです。あえて海苔つき、辛味のおせんべいにしています。海苔つきは、炭水化物の代謝をたすけるビタミンB群がふくまれますし、辛味の成分、カプサイシンは自律神経に作用してエネルギー代謝を高めるからです。食べる時間も気にしています。お菓子類は、夕方まで、あるいは、運動の前に食べるようにしています。
 

コンビニを賢く使えば、栄養バランスをとるのは簡単!

基本的に食事としてコンビニ商品を利用するときは、主食、主菜、副菜の組み合わせになるように食品をそろえるようにしています。そして、栄養価の高いもの、栄養的にお得なもの、栄養バランスの良いものを選ぶようにしています。また、その時々の体調に合うものや、その日1日の栄養バランスを振り返り足りない栄養素の補給ができる商品を購入することもあります。

忙しく働く私たちが、調理にかけられる時間はそう多くないはずです。コンビニで、何を選んで、どう組み合わせるか、上手にポイントを心得れば、栄養バランスは簡単にとることができますので賢く利用しましょう。
 


※記事の情報は2019年4月23日時点の情報です。