ラクして美味しく!お弁当の詰め方のコツ〈毎日続けるゆる弁当①〉

傷みにくくて、隙間埋めにも使える“彩り副菜”レシピ

彩りにも使える副菜は、作り置きしておくと便利。お弁当が傷みやすい時期なので香辛料やお酢、塩を使った、保存性の高いレシピをご紹介します。

〈お手軽ブロッコリーナムル〉
電子レンジで作れるお手軽な1品。味つけも目分量でOKです。海苔やじゃこ使うと、傷みの原因となる水分を吸ってくれます。

ブロッコリーのナムル

材料

  • ブロッコリー ひと握り(40g位)
  • 少々
  • ちりめんじゃこ 適量
  • 白ごま 適量
  • 焼き海苔 適量
  • ごま油 適量

作り方

  • 耐熱容器に、小房に分けたブロッコリーを入れ、ふんわりとラップをする。電子レンジ600Wで1分加熱し、冷ましておく。
  • 残りの材料をすべて入れ、和える。


〈キャロットラペ のエスニック風〉
切って和えるだけ。いつものラぺにクミンパウダーを加えてエスニックな味に仕上げます。

キャロットラペ

材料

  • ニンジン 1本
  • 大さじ1
  • はちみつ 小さじ1
  • オリーブオイル 大さじ1
  • クミンパウダー(なければカレー粉) 少々
  • こしょう 少々
  • くるみ 適量

作り方

  • ボールに酢とはちみつをよく混ぜ合わせておく。
  • ニンジンを千切りにし、1に入れ混ぜ合わせる。オリーブオイルを和えたら、クミンパウダー、こしょう、くるみを和える。


〈みょうがのピクルス〉
甘酢につけるときれいなピンク色になり、彩りが鮮やかに。みょうがは独特の風味と香りがあり、浅漬けでも満足感があります。甘酢作りが面倒な場合はすし酢でも代用できます。

みょうがのピクルス

材料

  • みょうが 6個
  • 大さじ4
  • 砂糖 大さじ3
  • 小さじ1/2

作り方

  • 酢、砂糖、塩を保存袋に入れ、砂糖を溶かしておく。
  • みょうがを10秒くらい茹でる。温かいうちに、1に入れ、漬ける。
  • さめたら出来上がり。(冷蔵庫で一晩漬けるとさらに美味しくなります)


 

お弁当を傷みにくくする、詰め方のポイント!

梅雨から夏にかけてはお弁当が傷みやすくなる時期。詰める際にもひと手間が大切です。ごはんやおかずはしっかり冷ましてから入れるようにしましょう。

傷みにくくするポイント1
お弁当箱はよく洗い、しっかり乾かす。水分がついていれば、よく拭きます
傷みにくくするポイント2
葉物やミニトマトなどは、キッチンペーパーで水分をしっかりとりましょう

※記事の情報は2019年5月24日時点のものです。